ともちゃともちゃ

こんばんは ともちゃです☆

昨日は、お顔のくすみの中で血行不良のメンテソリューションに関して書かせていただきましたが、今回は糖化のメンテソリューションに関して書かせていただきます。

是非ともお役立ていただけたら幸いです。

それではまず最初に、糖化によるお顔のくすみの原因についておさらいしていきましょう。

 

 

 

糖化によるお顔のくすみの原因

身体の中の糖質がたんぱく質とタッグを組むことによりAGEs(最終糖化生成物)と称される物質になってしまい、カラダの多方面にわたるエリアに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

お肌に関しましてはコラーゲンやエラスチンを硬く変化させてしまい、お肌を老齢化させてしまうエイジングメンテの天敵です。

 

加えて、AGEs自体が黄褐色を有しているので黄ぐすみや茶ぐすみの要因にもなってしまいます。

 

これ以外にも、近頃ではお肌のたんぱく質とされるコラーゲンやエラスチンと脂質の分解物の合体により引き起こされる「カルボニル化」も黄ぐすみの元となっているケースが判明してきました。

 

カルボニル化は、たんぱく質を変質させお肌に黄色に近いくすみを発生させるのです。

 

このことは、紫外線トラブルなどによって肌の皮脂が過酸化脂質と化して、それがコラーゲンやエラスチンと結託してくすみを生じさせます。

 

 

 

【 糖化が誘因のくすみの方の特性  】

お肌が黄色に近い、あるいは茶色に近い

 

お肌のプリプリ感やハリがなくなってきた

 

スイーツを食べることが多い

 

油っこい食品が好み

 

血糖値が高めである

 

 

 

糖化が原因のくすみのメンテソリューションは?

肌の糖化をブロックするには3つのソリューションが考えられます。

 

血糖値を抑制するソリューション

細胞内の糖はアッという間に新陳代謝が行われ、糖化が発生しません。

 

従いまして、細胞外の糖の濃さを減少するということがキーポイントになります。

 

ひとつの例として、糖が細胞内に入ることができずに血糖値が上昇してしまう糖尿病は、糖化を発生させやすいようにしてしまうわけです。

 

 日常的に血糖値をセーブすることを意識しましょう。

 

血糖値の急激なアップをブロックするといったことも必須ですから、食事の際には野菜や肉といったものを前もって食べ、血糖をアップさせてしまうお米やパンはその後に少しずつ食べることを心がけることが重要です。

 

 

 

 

 

糖を活発化させる作用がある活性酸素をセーブするソリューション

活性酸素が存在していると、糖は酸化されてしまい活発化するので、タンパク質と結びついてしまい最悪の状況に陥るので、活性酸素をコントロールするということも極めて重要なことになってきます。

 

 活性酸素を消し去り、排斥してくれるビタミンCやビタミンEを摂り込むようにして下さい。

 

ちなみに、ビタミンCは活性酸素を除去するとサビついて劣化してしまうので、サビついたビタミンCをフィードバックしてくれるビタミンBやグルタチオンという名のアミノ酸を基にしている酵素を並行して摂り入れるといった方法も効果を発揮します。

 

 

 

 

 

抗糖化剤を活用する

糖のピンチヒッターとして、カルボニル基を所有している混合物を活用しタンパク質と組み合わせることによって、糖化にブレーキをかけることが叶うのです。

 

 セイヨウオオバコ種子エキスが糖化にブレーキをかけてくれるので、お肌の糖化をブロックするというのが検証で解き明かされているほか、外用するとシワの進行を食い止めることも掲示されています。

 

更には、ビタミンCの酸化型と考えられるデヒドロアスコルビン酸も、カルボニル化合物という形で糖のピンチヒッターとしてタンパク質と一体化し、タンパク質の糖化にブレーキをかけるというのが評価されています。

 

 

 

 

 

糖化してしまったお肌を改修・蘇らせる方法は?

抗糖化ベネフィットが備わっている美容マテリアルをバッチリ肌にもたらしてあげましょう。

 

とりわけ、糖化が原因となって老け込んでしまったお肌には、ビタミンCが実効力を発揮します。

 

 ビタミンCには、ありとあらゆるタイプの活性酸素を排斥して老朽化や光老化現象を抑止するベネフィットばかりか、糖の燃焼を促してタンパク質の糖化に歯止めをかける実効性、それから、酸化したビタミンCは糖に代わって己がタンパク質と結びつき、糖化を減退させてくれる実効性があります。

 

 

 

 

 

糖化プロテクトに効果がある食材は?

食事についてですが、高糖質食・高脂質食を控えつい先ほどご案内した通りに、野菜や肉をご飯やパンの前に食べるとか、食事の仕方に注意を向けることを常に意識しましょう。

 

腹八分目でセーブすること、それから抗酸化実効性を伴う食べ物を摂り込むといったことも重要です。

 

ビタミンC、Aなどを含んだもの以外にも、βカロチンたっぷり含有されているカボチャアスタキサンチンも含有するシャケといった食品がイチオシです。

 

何しろ、和食は低糖質・低脂質という理由から特にオススメしたいです!

 

 

 

 

 

糖化慣習を適正化するには?

血糖値の高めな方、BMIの数値の高い方、運動をされない方・メタボの方、暴飲暴食傾向にある方等は糖化体質にかかりやすいので注意する必要があります。

 

さらに、女性のケースでは、太っていないにも拘わらず血糖値が高いということはよく見受けられるので、心に留めて気をつけた方が良いです。

 

 ダイエットと同様で、食事と運動をバランスに配慮して摂り込むことこそが糖化防止においてもキーポイントです。

 

運動をすれば、血液中の糖を筋肉に採用してエナジーという形で活用するので、血糖値をより以上に引き下げてくれる実効性があります。

 

それとは逆に、運動しないでご飯をドカ~ンと食べたりしちゃったら、血糖値が一瞬のうちにバーンと跳ね上がって糖化し易くなっていくのです。

 

ほどよい程度に運動をし、糖質がエナジーとして利用しやすい具合に筋肉量をキープするといったことが必要不可欠です!!

 

 




おすすめ関連記事

うふ肌薬用オールインワンの秘密と口コミ

 

気になる ホワイトHQクリーム の見ておくべき 純ハイドロキノン・成分・効果・口コミ

 

【なんと60%OFF!】ホワイトアクア 30日間美白ケアセット

 

【キャンペーン中の今を見逃さないで!】iPAQゲルシートパック目元にハリを! 口コミ・効果

 

【40までに使わないと後悔する!】エポオールインワンクリーム 成分・効果・口コミ

 

【たった10日で!】透輝の滴スタートセット 口コミ

 

早く教えてよ!Sorabudoオーガニックうるおいケア トライアルセットがオススメ!

 

【皮膚科専門医も大注目!!】minaruクレンジングの口コミ

 

【注目!】魔法のオールインワン石鹸は、乾燥肌・敏感肌・アトピーでお悩みの方の救世主

 

使ってないのは私だけ? ハイドロキノンW美活セット 点と面のシミにアプローチ 

 

【えっ~斬新!】メルヴィータ ロルロゼ オイルイン アイスジェル でボディマッサージと口コミ

 

取り返しがつかなくなる前に!マルクパージュのサボン ド スムージー&オールインワンゲルセットの口コミ・特性・成分

 

今なら間に合う! ヒト幹細胞培養エキス配合の次世代エイジングケア【SIGRID シグリッド】をお手頃価格で試すチャンス