ともちゃともちゃ

こんばんは ともちゃです☆

昨日は、お顔のくすみの中で糖化のメンテソリューションに関して書かせていただきましたが、本日は乾燥のメンテソリューションに関して書かせていただきます。

是非ともお役立ていただけたら幸いです。

それではまず最初に、乾燥によるお顔のくすみの原因についておさらいしていきましょう。

 

 

 

乾燥によるお顔のくすみの原因

 

角質が厚くなるため

モイスチュア対策はエイジングケアの大原則ですが、くすみにもドライ肌によって起こるものが少なくありません。

 

お肌がきちんと潤いに満ちていれば、キメが正常化され、お肌の表層は全体的に均一に光を反照してキレイに感じ取れます。

 

この状況のお肌が、澄んだ透明感の漂うお肌でありツヤの整ったお肌です。

 

ところが乾燥肌に影響されてキメが正常に働かなくなるとお肌の表層に凹凸を形成し、そのことが影を発生させどす黒く映ってしまうわけです。

 

とりわけ、寒い時期は乾燥肌が発現するというようなケースもたくさんあり、冬期間のみくすんでしまうケースでは、乾燥肌が影響を及ぼしていることも少なくありません。

 

近頃では、エアコンによって夕方になってからお肌が乾燥し、夕方だけくすみが目立つ場合もあります。

 

エアコンは、冷房も暖房も空気中の水分を吸い取って空気を冷やしたり温めたりする仕組みとなっていますので、快適な温度を保ってはくれますがお肌にとっては長時間作動するのは危険極まります。

 

お肌タイプが乾燥肌の可能性が高い方は、気をつけましょう。

 

言うまでもなく、敏感肌の方もお肌のカサつきが誘因のくすみが目につきやすいから気をつける必要があります。

 

【乾燥が誘因のくすみの方の傾向】

小ジワや毛穴も併せて多い状況である

 

お肌の透き通るような感じが消え失せた感じがする

 

お肌がカサつく

 

 

お肌が水分を失ってしまうと、外側からの攻撃からお肌をプロテクトするために必要なバリアシステムが機能低下してしまいます。

 

そうするとお肌は角質を分厚くして、くたびれたバリアシステムをカバーしようとします。

 

ところが、角質は最初から黒系色をしていることが要因となり、角質が分厚くなればなるほどお肌が淀んでしまいくすんで見えてしまうのです。

 

 

 

水分の容量がダウンしてクリア感がなくなってしまうため

野菜やフルーツは、水分が豊富に含まれているので鮮明に見え色ツヤも美しいですよね。

 

ところが、鮮度が劣化すると水分量が消え失せることによって、しなびてしまい透き通るような感じも消え失せてしまうのです。

 

なんとお肌もこのことと同様に、水分容量がダウンすると色ツヤが劣悪になってくすみを起こしてしまうのです。

 

 

 

毛穴が目を引くため

お肌に潤沢な水分が保持しているケースでは、角質がフックラと活気に満ちて毛穴もギュッと引き締まっておりますが、お肌に潤いがなくなってしまうと角質が収縮してしまい毛穴が醜く目立つようになってしまいます。

 

醜く目立つようになった毛穴は個々に影を構築してしまうので、顔色さえも劣悪に映るはめになってしまうことになってしまうのです。

 

 

 

 

お肌の乾燥に関して気をつけなければならないこと

空気が乾燥して、

 

お肌がカサカサ・パサパサになること

 

をブロックするように心がけましょう。

 

 

加えて、歳を重ねる毎に

 

肌の水分をキープするパワーが

 

衰えてきますから、

 

 

ご自身の年齢に適したメンテに

 

トライすることが重要です。

 

 

 

■深い眠りと休息をきちんととるように心がける

 

 

■ウォーキング・ジョギング、ヨガ・水泳など

 

といった運動をする習慣をつけ

 

毎日欠かさず汗をかくようにする

 

 

■洗浄パワーの強烈なお顔を洗う

 

用途に特化した石けんは控えて、

 

マイルドなものを使用するようにする

 

 

■熱すぎるお湯や長時間に及ぶ入浴は

 

お肌に負担を強いるので、

 

 

入浴を行なうときには、

 

ぬるめの温度のオフロに

 

10分以内浸かるように心がける

 

 

■日焼けをブロックすることを考えて、

 

日傘、ハット、日焼け止めなどの方法で

 

UVを回避する

 

 

■エアコンは、

 

空気中の水分を吸収して冷風や温風を

 

送り出しているので、

 

 

エアコンの使いすぎに注意して

 

加湿器を活用して室内の湿度を

 

コントロールする。

 

 

 

賢明な間違いのないスキンケアは?

ドライ肌を正常化することを達成するために、

 

肌のうるおい感をキープするメンテを

 

念入りに実践しましょう。

 

 

お肌に効果があると考えてされている

 

日々のメンテが、

 

乾燥を誘発していることもあり得ます。

 

 

これまでのルーティンやメンテを

 

チェックして参りましょう。

 

 

 

お顔の洗浄

お肌になくてはならないうるおい感を残しつつも、

 

汚い部分をきちんと除去することが重要です。

 

 

■クレンジングを行なう際には、

 

力を入れてゴシゴシしない。

 

 

拭き取るタイプではお肌にダメージを与えるから、

 

洗浄するタイプをチョイスする。

 

 

 

■負荷がかからないタイプの顔面を洗う

 

用途に特化したものを

 

きちんと泡だててから顔にのせ、

 

指の腹でソフトに撫でる感じに洗浄する

 

 

 

■ぬるま湯ですすぎ、

 

すすぎ残りのないようにする

 

 

 

■柔軟性のあるふっくらしたタオルを

 

お肌に押し当てて、

 

拭き取るのではなく軽くたたく

 

感じで水分を取り除く。

 

 

 

洗顔した後のケア

洗顔した後は潤いを供給する為に、

 

直ちに化粧水を塗布します。

 

 

お肌が潤いが無くなるより先に

 

塗布することによって、

 

お肌への拡散力が向上します。

 

 

化粧水で潤いを満たしたならば、

 

お肌に吸湿して角質に水分を付与する作用があり

 

持続的な保湿効果がある保湿剤で仕上げて

 

お肌にうるおい感を封じ込めて

 

乾燥を阻止します。

 

 

■コットンかきれいな手を使って

 

化粧水をふんだんに取って、

 

お肌を軽くパッティングするような感じで

 

お顔一面になじませる

 

 

■化粧水を使用したのちに、

 

きっちりとクリームや

 

乳液を塗布します。

 

 

お肌の表層に油膜が形成され、

 

水分の蒸発をブロック

 

する役割を果たします。

 

 

 

お肌を形成する栄養配分が確立された食事

乾燥肌の好転を望むなら、

 

カラダの内側よりコンディションを

 

スムーズにするということも重要だと

 

断言できます。

 

 

 

お肌に必要不可欠な栄養成分は、

 

タンパク質・ミネラル・ビタミン・脂質です。

 

栄養配分を心がけて食事を摂取しましょう。

 

 

 

タンパク質

お肌はたんぱく質から形成されています。

 

肉・魚類・たまご・チーズetc.

 

 

 

ミネラル

身体のシステムを形成し、

 

メカニズムを適正にキープします。

 

海藻・牛乳・ナッツetc.

 

 

 

ビタミン

体の内側でたんぱく質や

 

脂質の効果をアシストします。

 

レバー・うなぎ・ブロッコリー・かぼちゃ・にんじんetc.

 

 

 

脂質

細胞やホルモンを作り出します。

 

ダイエットを行っている方は、

 

動物性の脂肪は抑制して

 

 

植物性のハイクオリティの油を

 

摂取するように心がけましょう。

 

 

一切摂取しないとお肌がカサつきます。

 

 

オリーブ油・しそ油・えごま油etc.

 

 

おすすめ関連記事

うふ肌薬用オールインワンの秘密と口コミ

 

気になる ホワイトHQクリーム の見ておくべき 純ハイドロキノン・成分・効果・口コミ

 

【なんと60%OFF!】ホワイトアクア 30日間美白ケアセット

 

【キャンペーン中の今を見逃さないで!】iPAQゲルシートパック目元にハリを! 口コミ・効果

 

【40までに使わないと後悔する!】エポオールインワンクリーム 成分・効果・口コミ

 

【たった10日で!】透輝の滴スタートセット 口コミ

 

早く教えてよ!Sorabudoオーガニックうるおいケア トライアルセットがオススメ!

 

【皮膚科専門医も大注目!!】minaruクレンジングの口コミ

 

【注目!】魔法のオールインワン石鹸は、乾燥肌・敏感肌・アトピーでお悩みの方の救世主

 

使ってないのは私だけ? ハイドロキノンW美活セット 点と面のシミにアプローチ 

 

【えっ~斬新!】メルヴィータ ロルロゼ オイルイン アイスジェル でボディマッサージと口コミ

 

取り返しがつかなくなる前に!マルクパージュのサボン ド スムージー&オールインワンゲルセットの口コミ・特性・成分

 

今なら間に合う! ヒト幹細胞培養エキス配合の次世代エイジングケア【SIGRID シグリッド】をお手頃価格で試すチャンス