昨日は、

 

お顔のくすみの原因に

 

ついて書かせていただきましたが、

 

 

本日からは、

 

お顔のくすみの原因別の

 

メンテソリューションに関して

 

書かせていただきます。

 

 

第1回目は、

 

角質肥厚についてです。

 

 

是非ともお役立ていただけたら幸いです。

 

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 女子力アップ

 

 

 

 

角質肥厚の原因のおさらい

角質肥厚というのは、

 

長年に及ぶ紫外線等と

 

いったことが要因になり

 

 

お肌の表層にあって

 

普通にはがれ落ちることが

 

当たり前の角質 が

 

 

いつまで経っても

 

お肌の表面に残留し,

 

 

次から次へと積み重なって、

 

お肌の厚みが増大して

 

凝り固まった状況を指します。

 

 

 

角質肥厚に陥ってしまうと、

 

お肌の透明感がなくなり

 

 

クリアな状態を保てなく

 

なってしまうので、

 

 

お肌のカサつきやくすみが

 

目に見えて明らかになってきます。

 

 

 

わたしたちのお肌にとって、

 

最も大切な活動をしているのが

 

角質層なのですが、

 

 

お肌の水分をキープする

 

役割を果たしています。

 

 

 

血行不良によって

 

栄養成分などといった充填が停滞し、

 

 

お肌のターンオーバーがアンバランスになり

 

異常をきたすことによって発生します。

 

 

 

ターンオーバーが異常をきたすことで、

 

劣化した角質が削げ落ちずに

 

次から次へと積み重なってしまうことで

 

 

 

お肌の透明感が

 

失われてしまいます。

 

 

 

基本的に,

 

表皮細胞は 28日のサイクルで

 

修復され蘇生されますが、

 

 

 

ターンオーバーの代謝周期が乱れて

 

グチャグチャに

 

変容したりしてしまうと、

 

 

 

そのことが長引いてしまうことで

 

角質肥厚の要因となってしまうのです。

 

 

 

 

 

角質肥厚を改善に導くスキンメンテソリューションは?

スキンメンテのやり方において、

 

クレンジング・洗顔は

 

お肌への負担がかかるので

 

少しでも早く終らせて下さい。

 

 

クレンジングは、

 

乾燥肌とは異なるケースでは

 

 

クレンジングオイルを

 

お使いになることも良いんです。

 

 

クレンジングオイルは、

 

洗浄パワーは強力なのですが

 

 

ガチガチに硬くなった

 

角質をやわらかくできる

 

効果がハイレベルです。

 

 

 

一方、乾燥肌の方は、

 

クレンジングの系統の中においても

 

洗浄パワーがソフトで

 

ダメージを与えない

 

クレンジングクリームが最適です。

 

 

 

次いで、

 

メイク汚れを落としたならば

 

 

フワフワに泡立て、

 

お顔に擦れが生じないように

 

 

ソフトにお顔を包み込むような

 

感じで泡洗顔をします。

 

 

 

なお泡洗顔は、

 

お肌がカサカサになりやすい

 

目元や口元に関しては

 

 

泡で包み込んで

 

手を動かさないようにするだけでも

 

まったく問題ありません。

 

 

 

その次に、

 

洗顔は熱いお湯だと必要以上の刺激を

 

与えてしまうので好ましくありませんので、

 

 

ぬるま湯でやってもらう

 

というのも重要です。

 

 

 

洗顔を済ませたら、

 

冷水でお肌を引き締める

 

ということも望ましいです。

 

 

 

この温度差が

 

マッサージ効果を生み出して、

 

血行活性化と血流促進に

 

繋がります!

 

 

 

お肌に必要不可欠の栄養成分は

 

血液より配送されてきますので、

 

 

血液の循環が好転することによって

 

お肌のターンオーバーにおいても

 

GOODなのです。

 

 

 

それとともに、

 

毛穴をキュッと引き締めることによって

 

 

汚れを寄せつけず

 

淀んで濁った流れのないドブのような

 

状態を改善し、

 

 

へたってくたびれているように

 

見えるのを防いでくれる

 

役割も果たします。

 

 

 

 

角質肥厚を改善に導く実効性のある就寝テクニック

ターンオーバーにとっては

 

何にも増して睡眠が重要なわけですが、

 

 

ただ単に寝れば

 

OKだというわけではないのです。

 

 

キーポイントであるのは

 

成長ホルモンなのです。

 

 

これまで、

 

成長ホルモンが最も多く分泌される

 

ゴールデンタイムは

 

 

P.M.10:00~A.M.2:00の

 

4時間だとされていましたが、

 

 

それは各医学誌の研究論文から

 

誤りであることが

 

判明しました。

 

 

 

それよりも頭に入れておかなければ

 

いけないのは、

 

 

睡眠の「質」と「深い眠り 」です。

 

 

「成長ホルモン」は寝入ってから

 

3時間以内に分泌が行われており、

 

 

就寝中は、

 

深い眠りの「ノンレム睡眠」と

 

浅い眠りの「レム睡眠」を

 

リピートしています。

 

 

一晩で、ノンレム睡眠とレム睡眠を

 

4~5回リピートします。

 

 

ノンレム睡眠においては

 

クオリティが存在しており、

 

 

一番ぐっすりとした深い眠りを

 

ゲットできるのが1番先の1~2回です。

 

 

わかりやすく言うと、

 

就寝してから約3時間のうちに

 

深い眠り=ノンレム睡眠に

 

到達することができれば、

 

 

脳も全身も休息をとらせることが叶うので、

 

起床時に充足感を

 

得られるのです。

 

 

加えて、

 

就寝して2~3時間経ってから

 

生成されるのが成長ホルモンです。

 

 

成長ホルモンはただ単に

 

「成長」を促すだけに限らず、

 

 

「細胞のリペア」や「体の疲労を取り除く」

 

ことに貢献してくれています。

 

 

お肌=素肌や臓器の細胞を

 

新たなものにチェンジする

 

 

「ターンオーバー」は、

 

成長ホルモンがベースになって

 

敢行されます。

 

 

そういう理由で、

 

成長ホルモンを「アンチエイジングホルモン」

 

と称する権威者もいるくらいなのです。

 

 

 

 

角質肥厚を改善に導くターンオーバーに効果のある栄養成分を摂取する

メインとして、

 

ビタミン類がターンオーバーを

 

滞りなくするのにアドバンテージ

 

となる栄養成分です。

 

 

具体的にいうと

 

ビタミンA・B・C・Eです。

 

 

これ以外にも

 

亜鉛やセラミドもお肌のターンオーバーを

 

正常化してくれる食材です。

 

 

ビタミンAお肌のターンオーバーを

 

活性化させスムーズにし、

 

 

ハイレベルな抗酸化ベネフィットがあり

 

活性酸素を排除、

 

抵抗力・免疫力を引き上げてくれます。

 

 

レバーウナギ

 

緑黄色野菜スイカ

 

トマトといった系のものに大量に含有されています。

 

 

 

ビタミンB群:エナジー・活力をアップするのに

 

絶対必要な栄養成分で、

 

 

お肌の代謝サイクルを促進するので

 

ターンオーバーにはなくてはならない

 

栄養成分です。

 

 

メインとして赤身の豚肉レバー

 

大豆製品カツオ

 

サンマといった系のものに

 

大量に含有されています。

 

 

 

ビタミンCお肌をつくりあげるのに

 

なくてはならない

 

栄養成分です。

 

 

野菜フルーツ

 

大量に含有されています。

 

 

ビタミンEアンチエイジングの

 

ビタミンと呼ばれており、

 

ハイレベルな抗酸化効果、

 

血液をサラサラにし

 

活性酸素を排除、女性ホルモンの分泌を

 

活性化して円滑化・増進する働きがあり、

 

アンチエイジングの栄養成分です。

 

アボガドアーモンド

 

カボチャといった系のものに

 

大量に含有されています。

 

 

亜鉛:抵抗力・跳ね返す力・耐性をアップさせ、

 

ターンオーバーを適正化する

 

作用があります。

 

 

牡蠣ゴマ大豆製品に大量に含有されていて

 

元気をもたらしてくれる

 

ありがたい機能を備えています。

 

 

セラミドターンオーバーをリペアし、

 

蘇生させるのにするのに

 

アグレッシブにアクティブに

 

摂取したいマテリアルです。

 

 

こんにゃくといった系のものに

 

大量に含有されています。