いつも通りのコンディション、

 

いつも通りのメイクにもかかわらず、

 

 

へたってくたびれているように見えたり

 

血色が悪くみられることがありませんか?

 

 

それに関しましては「お肌のくすみ」が

 

起因かもしれません。

 

 

 お顔のくすみというのは原因がなんであるのかが

 

なんだかハッキリわからない

 

お肌のお悩みではありませんか?

 

 

実際のところ、

 

ひとくくりにくすみと申しましても、

 

 

いろいろな要因が存在して

 

発生するタイプにも違いがあります。

 

 

ですから、状態のみならず起因を見誤ると

 

矯正を目指したスキンメンテや解決法で

 

過ちを犯してしまうというようなケースもあるのです。

 

 

この記事では、肌のくすみと称されているのは

 

どのようなものであるのか、

 

 

要因と是正・克服のメンテソリューションを

 

ご案内させていただきます。

 

 

今回は、第1回目として

 

「お肌のくすみの原因」に関して

 

書かせていただきます。

 

 

 

是非ともお役立ていただけたら幸いです。

 

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 女子力アップ

 

 

 

 

お肌のくすみとは?

お肌のくすみと称されているのは、

 

わかりやすく例えるならば、

 

 

絶えず流れ続けている川とは正反対に、

 

きれいな水が入ってくることなく

 

淀んで異臭を放っている

 

ドブのような状態のような

 

お肌のことを指します。

 

 

 

血流が悪い状態に陥っているので、

 

お肌の色がいつもより

 

どんよりと暗い印象に

 

なってしまいますので、

 

 

 

顔色が冴えなく見えたり

 

ゲッソリと疲れ切って感じられるので、

 

 

人と人とが対面して、

 

まず最初に目が行くのが顔で

 

 

「○○は、顔が命」というCMがあるくらい

 

第一印象を決めてしまう大切なパーツですので、

 

 

その顔が

 

どんよりしていたり・げっそりしていたり・

 

実年齢よりも老けてみられるということは、

 

目も当てられない悲惨な状況

 

見舞われてしまいますので、

 

 

これはもう早急に

 

何とかしなければなりません!!

 

 

 

 

お肌のくすみの原因として考えられるものは?

角質肥厚

角質肥厚というのは、

 

長年に及ぶ紫外線等と

 

いったことが要因になり

 

 

お肌の表層にあって

 

普通にはがれ落ちることが当たり前の

 

角質 がいつまで経っても

 

お肌の表面に残留し,

 

 

次から次へと積み重なって、

 

お肌の厚みが増大して

 

凝り固まった状況を指します。

 

 

 

角質肥厚に陥ってしまうと、

 

お肌の透明感がなくなり

 

 

クリアな状態を保てなく

 

なってしまうので、

 

 

お肌のカサつきやくすみが

 

目に見えて明らかになってきます。

 

 

 

わたしたちのお肌にとって、

 

最も大切な活動をしているのが

 

角質層なのですが、

 

 

お肌の水分をキープする

 

役割を果たしています。

 

 

 

血行不良によって

 

栄養成分などといった充填が停滞し、

 

 

お肌のターンオーバーがアンバランスになり

 

異常をきたすことによって発生します。

 

 

 

ターンオーバーが異常をきたすことで、

 

劣化した角質が削げ落ちずに

 

次から次へと積み重なってしまうことで

 

 

 

お肌の透明感が

 

失われてしまいます。

 

 

 

基本的に,

 

表皮細胞は 28日のサイクルで

 

修復され蘇生されますが、

 

 

 

ターンオーバーの代謝周期が乱れて

 

グチャグチャに

 

変容したりしてしまうと、

 

 

 

そのことが長引いてしまうことで

 

角質肥厚の要因となってしまうのです。

 

 

 

 

血行不良

疲労感やダメージやストレス、

 

運動が足りない状況、

 

 

睡眠が足りない状況

 

冷え症・顔冷えが起因して

 

 

血液の流れが

 

滞留してしまうと、

 

 

お肌にしっかりした

 

栄養が浸透しなくなってしまいます。

 

 

また、リンパの流れも深刻化して、

 

不要物質の排出がスムーズにできない

 

状況に陥ってしまいます。

 

 

 

血流障害とリンパの流れの劣化は、

 

顔のむくみを引き起こしたり、

 

お肌の代謝サイクルを乱し

 

ターンオーバーに影響を与えます。

 

 

 

そのため、

 

お肌の赤みが消え失せて

 

 

お顔全体がどんよりして

 

元気がないように映ってしまう

 

 

結果に至る

 

くすみがこういった種類です。

 

 

 

血行不良に端を発するくすみには、

 

お肌の表面周辺を流れていく

 

血液の色が薄汚く淀んでしまう

 

ことによって生じます。

 

 

 

基本的に、血液の循環が良好な、

 

酸素をたっぷりと含有した血液は

 

目の覚めるような赤色をしているのですが、

 

 

血流障害に陥り

 

酸素がほとんど含まれていない

 

はめになってしまった血液は、

 

 

濁った赤紫色

 

となってしまうのです。

 

 

このような濁った血液がお肌を通じて

 

透き通って見受けられることによって、

 

 

顔がくすんでしまうことに

 

なるのです。

 

 

 

【血行障害が起因となるくすみの人のパターン 】

■お肌が青白く不健康な感じを受ける

 

■血液の循環が悪いせいで手足が冷たい

 

■疲労しやすい

 

■心臓から最も離れたふくらはぎが

血液の循環が悪いせいでむくみやすくなる

 

 

 

 

糖化

身体の中の糖質が

 

たんぱく質とタッグを組むことにより

 

 

AGEs(最終糖化生成物)と称される

 

物質になってしまい、

 

 

カラダの多方面にわたるエリアに

 

悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

お肌に関しましては

 

コラーゲンやエラスチンを

 

硬く変化させてしまい、

 

 

 

お肌を老齢化させてしまう

 

エイジングメンテの天敵です。

 

 

加えて、

 

AGEs自体が黄褐色を有しているので

 

 

黄ぐすみや茶ぐすみの

 

要因にもなってしまいます。

 

 

これ以外にも、

 

近頃ではお肌のたんぱく質とされる

 

 

コラーゲンやエラスチンと

 

脂質の分解物の合体により

 

引き起こされる

 

 

「カルボニル化」も黄ぐすみの元と

 

なっているケースが判明してきました。

 

 

 

カルボニル化は、

 

たんぱく質を変質させ

 

お肌に黄色に近いくすみを

 

発生させるのです。

 

 

このことは、紫外線トラブルなどによって

 

肌の皮脂が過酸化脂質と化して、

 

 

それがコラーゲンや

 

エラスチンと結託して

 

くすみを生じさせます。

 

 

 

【 糖化が誘因のくすみの方の特性  】

 

■お肌が黄色に近い、あるいは茶色に近い

 

■お肌のプリプリ感やハリがなくなってきた

 

■スイーツを食べることが多い

 

■油っこい食品が好み

 

■血糖値が高めである

 

 

 

 

 

乾燥

角質が厚くなるため

モイスチュア対策は

 

エイジングケアの大原則ですが、

 

 

くすみにもドライ肌によって

 

起こるものが少なくありません。

 

 

 

お肌がきちんと

 

潤いに満ちていれば、

 

 

キメが正常化され、

 

お肌の表層は全体的に均一に

 

光を反照してキレイに感じ取れます。

 

 

 

この状況のお肌が、

 

澄んだ透明感の漂うお肌であり

 

ツヤの整ったお肌です。

 

 

 

ところが乾燥肌に影響されて

 

キメが正常に働かなくなると

 

お肌の表層に凹凸を形成し、

 

 

そのことが影を発生させ

 

どす黒く映ってしまうわけです。

 

 

とりわけ、

 

寒い時期は乾燥肌が発現する

 

というようなケースもたくさんあり、

 

 

冬期間のみくすんでしまうケースでは、

 

乾燥肌が影響を及ぼしていることも

 

少なくありません。

 

 

 

近頃では、

 

エアコンによって夕方になってから

 

お肌が乾燥し、

 

 

夕方だけくすみが

 

目立つ場合もあります。

 

 

 

エアコンは、冷房も暖房も空気中の水分を

 

吸い取って空気を冷やしたり温めたりする

 

仕組みとなっていますので、

 

 

快適な温度を保ってはくれますが

 

お肌にとっては長時間作動するのは

 

危険極まります。

 

 

 

お肌タイプが乾燥肌の

 

可能性が高い方は、

 

気をつけましょう。

 

 

言うまでもなく、

 

敏感肌の方もお肌のカサつきが誘因の

 

くすみが目につきやすいから

 

気をつける必要があります。

 

 

【乾燥が誘因のくすみの方の傾向】

■小ジワや毛穴も併せて多い状況である

 

■お肌の透き通るような感じが消え失せた感じがする

 

■お肌がカサつく

 

 

お肌が水分を失ってしまうと、

 

外側からの攻撃からお肌を

 

プロテクトするために必要な

 

 

バリアシステムが機能低下

 

してしまいます。

 

 

 

そうするとお肌は角質を分厚くして、

 

くたびれたバリアシステムを

 

カバーしようとします。

 

 

 

ところが、

 

角質は最初から黒系色を

 

していることが要因となり、

 

 

 

角質が分厚くなればなるほど

 

お肌が淀んでしまいくすんで見えて

 

しまうのです。

 

 

 

 

水分の容量がダウンしてクリア感がなくなってしまうため

野菜やフルーツは、

 

水分が豊富に含まれているので

 

鮮明に見え色ツヤも美しいですよね。

 

 

 

ところが、鮮度が劣化すると

 

水分量が消え失せることによって、

 

透き通るような感じも

 

消え失せてしまうのです。

 

 

 

なんとお肌もこのことと同様に、

 

水分容量がダウンすると

 

色ツヤが劣悪になって

 

くすみを起こしてしまうのです。

 

 

 

 

毛穴が目を引くため

お肌に潤沢な水分が

 

保持しているケースでは、

 

 

角質がフックラと活気に満ちて

 

毛穴もギュッと引き締まっておりますが、

 

 

 

お肌が潤いがなくなってしまうと、

 

角質が収縮してしまい

 

 

毛穴が醜く目立つように

 

なってしまいます。

 

 

 

醜く目立つようになった毛穴は

 

個々に影を構築してしまうので、

 

 

顔色さえも劣悪に映るはめに

 

なってしまうことになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 女子力アップ